art & architecture

art & architectureと題して、ウィーンを中心とした芸術や建築物の紹介をしていきます。
最初は、2014年1月26日より展示がスタートするオットー・ワーグナーの7つのプロジェクトをご紹介いたします。

 

ヴィラ・ワーグナー Ⅰ 1886-1888
Villa Wagner Ⅰ
Hüttelbergstraße 26 im 14

この地がまだウィーンの郊外であった1888年にワーグナーは、このヴィラを自身の夏の別荘として建てた。現在は、画家エルンスト・フックスが所有し、彼の作品を展示する美術館となっている。

Otto Wagner built a summerhouse for himself and his family in Hütteldorf in 1888, when Hütteldorf was still a suburb of Vienna.
The villa is currently owned by the painter Ernst Fuchs Ernst Fuchs and houses the private museum.

villa1

 

カールスプラッツ駅 1894-1898
Karlsplatz

アール・ヌーボー様式のパビリオンはSバーン建設の過程で1898年に建設された。オットー·ワーグナーは、同一デザインの2つの建物を計画した。今日、西パビリオンはウィーン·ミュージアムとなっている。

The Art Nouveau pavilion was erected in 1898 in the course of Stadtbahn construction. Otto Wagner planned two portal buildings of identical design. Today, the Wien Museum uses the west pavilion.

karlz

 

マジョリカ・ハウス 1898
Majolika Haus
Linke Wienzeile 40

この集合住宅は通称「マジョリカ・ハウス」と呼ばれる。壁一面に広がる花の模様は、マジョリカ焼きのタイルに描かれており、通称はタイルの産地に由来する。ユーゲントシュティールを代表する建築である。

This building is so-called Majolica. The facade is clad with glazed majolica tiles which are decorated with floral motifs. It is building on behalf of Jugendstil.

majorika

 

メダイヨン・マンション 1898
Medaillon Mansion 1898
Linke Wienzeile 38

壮大なコーナーソリューションで知られるこの建物は、四半円の形をしており、壁は白い漆喰で、壁面上部はコロマン・モーザーによってメダイヨンと呼ばれる装飾がされている。

It is known for its spectacular corner solution, which is in the form of a quarter circles. The house is plastered white and covered with golden ornaments by Koloman Moser .

medallion

 

シュタインホーフの教会 1902-04

Am Steinhof Kirche
Baumgartner Hohe 1

ウィーンのアール・ヌーボー建築の代表作であるこの教会は、丘の頂上に建ち、銅で覆われたドームは遠くから見ることができる。
インテリアデザインは、ここに通う障害者に配慮された。モザイクガラスは、コロマン・ローザーの作である。

The copper-covered dome of this prime example of Viennese Art Nouveau architecture is visible from quite a distance, as the church stands high on the crest of the hill.
The interior design was adjusted to the requirements of the handicapped parishioners attending services here. The glass mosaics in the windows were designed by Kolo Moser.

setinhof

 

郵便貯金局 1903-1910
Postsparkasse
Georg Coch-Platz 2

フランツ・ヨーゼフ1世の命によるこの建物は、新しい郵便貯金局への要望と近代建築のビジョンを一致することができた建築の歴史の中でもまれなケースである。オットー・ワーグナーは、すべての要素に利便性と持続可能性を与え、快適な作業環境、耐久性を実現した。

This building by the order of Franz Josef Ⅰ, is a rare case in the history of architecture that was able to match the vision of modern architecture and the demand for a new Post Office Savings Bank. Otto Wagner gave sustainability and convenience to all elements, realized a comfortable working environment and durability.

postaloffice

 

ヴィラ・ワーグナー Ⅱ 1912-13
Villa Wagner Ⅱ
Hüttelbergstraße 28 im 14
ワーグナー晩年の作品で自身の居宅として建てられました。古典的な様式であったはじめのヴィラからアール・ヌーボー様式への変容が見られる。

Contrary to his first villa having historicist elements, his second villa is the Art Nouveau style.
The house is considered to be the last residence of the deceased architect 1918.

villa2

sponsors

ウィーン市観光局

(12歳以上)
(2歳以上12歳未満)
(2歳未満)