about

dottoプロジェクトは、建築写真家、関谷正昭氏の業績を伝えるために、ICSの全面的な協力によりスタートしました。オットー・ワーグナーの写真を中心に、ウィーン世紀末の文化を紹介していきます。

 

関谷正昭

1942年愛媛県松山市生まれ。愛媛県松山東高等学校卒、学習院大学文学部フランス文学科中退、建築写真家二川幸夫氏主宰のレトリアで欧州の住宅の撮影に従事。

1982年
写真事務所「アーキメディア」設立。
海外の建築家作品を中心に撮影。特にオットー・ワグナーの建築作品及び現存する全てのドローイング、図面を撮影。

1998年
撮影した作品を豪華本「OTTO WAGNER」全4巻に編集し文献社から出版、世界的に高い評価を受ける。
平行して、F.L.ライト、カルロ・スカルパ、C.R.マッキントッシュなどの作品も撮影している。

2002年
次に出版を考えていたカルロ・スカルパの作品の撮影中に倒れ急逝する。

この他に国内では、建築作品、各地の火祭り、三春ギャラリーの展覧会用の作品撮影なども手がけていた。

また、海外の著名な建築家と交流が深く、とくにリチャード・ロジャース、トビア・スカルパの、幾つかの建築プロジェクトをコーディネイトし、新国立競技場をデザインしたザハ・ハディド Zaha Hadid(国際デザインコンクール最優秀賞)を日本に紹介する。

sponsors

ウィーン市観光局

(12歳以上)
(2歳以上12歳未満)
(2歳未満)